ガイナの構造と施工方法

ガイナの構造

ガイナはごく一般的な塗料と同じように塗装をすることができますが、その中には非常に特殊で微小なセラミックビーズが含まれています。セラミックビーズは液体の状態で約60%、乾燥した塗膜の状態で約80%と、非常に高い割合で塗料に混合されています。大量のセラミックが液体状態から乾燥後の塗膜を形成する段階で、表層面に隙間なく浮き上がり密集した層となります。1mmにも満たない薄い塗膜のセラミックの層は様々な効果を引き出す力になっています。

構造体
【乾燥前】
それぞれの効果を発揮する数種類の特殊セラミックビーズを配合
構造体
【乾燥後】
自然乾燥することにより、塗布表面がセラミックコーティング化
ガイナの構造
ガイナに含まれる特殊セラミックビーズ配合分布状況

ガイナの施行方法とカラーバリエーション

ガイナは、多種多様の仕上げ方法にも対応可能。美しく仕上がります。カラーバリエーションも豊富なので、外観に合わせたコーディネートも可能です。

吹き付け施工
吹き付けでは、エアーガン・エアレスガン・温風低圧塗装器など、様々な器具で施工可能です。
コテ塗り施工
希釈量の調整により、あらゆるパターンに仕上げることが可能です。骨材・キャタピラー・中毛ローラー・刷毛など、様々な器具に対応できます。
コテ塗り施工
濃度調整により、コテ仕上げが可能です。また、専用骨材を入れての施工にも対応できます。

*コテ濃度および専用骨材に関しては、販売店にお問合わせください。

■ガイナカラーバリエーション

ガイナのカラーバリエーション[全52色]
*下記のカラーバリエーションはあくまでも参考色ですので、(社)日本塗料工業会色見本帳でご確認ください。
*実際の塗布色は(社)日本塗料工業会色見本帳の色と多少異なります。
*その他の塗布色をご希望の場合は、販売店にお問い合わせください。

ガイナ カラーチャート

ページのトップへ