CFボードヒーター床暖房の特徴3 高効率赤外線の健康効果

血行促進効果、代謝の活発化

赤外線は別名「生命と健康の光線」と言われています。人間の体は赤外線をよく吸収する働きがあり、吸収された赤外線は体内温度を上昇させ、血液の循環を良くし、代謝活動を活発にします。高効率の赤外線は体の芯までじっくりと暖めるため、とても冷えにくく、冷え性などの改善には特に効果的と言われています。

高効率赤外線放射体とは

赤外線は、波長の長さにより、近赤外線、赤外線、遠赤外線と3つの領域に分類されます。それぞれの波長領域をどれだけ放射するかによって高効率赤外線放射体、遠赤外線放射体、低効率赤外線放射体の3つ分類されますが、CFボードヒーターはすべての赤外線領域を幅広くカバーしているため、高効率赤外線放射体と判明しています。

赤外線の放射比較

分類 近赤外線 赤外線 遠赤外線
高効率赤外線放射体 高い 高い 高い
遠赤外線放射体 低い 低い 高い
低効率赤外線放射体 低い 低い 低い

赤外線の領域表

CFボードヒーター 赤外線分光放射率と赤外線分光放射出力グラフ

高効率の赤外線は、体を温めるのに最適!

内側と外側から同時に温めます。遠赤外線は約90%が皮膚表面付近で吸収され、熱は徐々に深部へ到達。近赤外線は皮膚下の深部まで到達し温度受容体を直接刺激。内部から発熱。

水分子は赤外線をよく吸収する性質があります。人の体の約70%は水分ですので、赤外線で暖めるには非常に良い対象と言えます。また、人の体の部位によっても反応しやすい赤外線の波長領域が異なりますので、近赤外線から遠赤外線まで幅広い領域を網羅する「高効率赤外線放射体」が最も効果的です。

防湿効果、防菌防カビ効果

畳の下地に塗り炭
畳の下地に塗り炭

高効率赤外線には湿気を取り除く効果があります。昔からの生活の知恵で、湿気対策として押入れや畳の下に「炭」を置く風習がありますが、これは「炭」から放射される高効率の赤外線による除湿作用によるものです。
「湿気」の多い場所には、カビが発生します。そして、ダニはカビを食べて繁殖します。ダニやカビはアトピーや喘息の原因にもなりますので、健康で快適な生活を送るためには、いかにして湿気を抑えるかということがとても重要です。

ページのトップへ