バリアフリーのリフォームに最適!

CFボードヒーターは「0.7mm」の超薄型ですので、床の高さを出来るだけ抑えたいお客様には最適です。また、ヒーター厚み分のレベル調整が不要のため、下地調整にかかる材料費(ダミー合板や釘、接着剤等)と工事費がかからず、結果的に初期の導入コストを低く抑えられます。

下地材のレベル調整が不要 → 副材料費と工事費のコストの削減

CFボードヒーターでトータルコスト削減

パネルタイプの場合は、床暖房設置箇所以外に高さを合わせるためにそれと同じ厚みの下地調整材を敷設しなければなりません。CFボードヒーターは、その下地調整にかかる材料費(ダミー合板や釘、接着剤等)と工事費がかかりませんので、結果的に初期の導入コストを低く抑えられます。

  • ■CFボードヒーターCFボードヒーター
  • ■パネルタイプパネルタイプ

CFボードヒーターは様々な床構造に対応

CFボードヒーターは、フローリング、絨毯、カーペット、コルクタイル、クッションフロアー、長尺シート、タイル、石、畳など、様々な床構造に対応出来ます。また、道路融雪用のヒーターを利用し、コンクリートやモルタルなどへの埋設床暖房も可能です。

※画像をクリックすると拡大します。

※詳しくはお問い合わせください。

床暖房タイプ別の施工比較

現在行われている床暖房の施工は、大きく分けて3つのタイプに分かれます。

面状タイプ/CFボードヒーター パネルタイプ 床材一体型
得意な工事 新築、リフォーム 新築 新築、リフォーム
下地の高さ調整 不要 下地調整材+工事費 不要
仕上材の選定 選択肢は多数 様々な仕上材に対応 指定のフローリングのみ
材料費 比較的安い 比較的安い 比較的高い

ページのトップへ