ロハストーンマットの特徴2 弱った免疫力・自然治癒力の回復

ロハストーンマットの天然鉱石から放射されるごく微量の「低線量放射線」は、直接細胞を活性化し、免疫力や自然治癒力を回復させます。

「放射線」は体に悪いというイメージをお持ちではありませんか?

もちろん、たくさん浴びれば体に悪影響を及ぼすことに間違いはありません。しかし、「ごく微量の放射線であれば、むしろ体にとって有益だ」ということが、長年の研究結果から徐々にわかってきました。この論説を最初に提唱したのは、ミズーリ大学のトーマス・ラッキー博士で、NASA(アメリカ航空宇宙局)から、宇宙における放射線が宇宙飛行士の身体にいかなる影響を与えるかという調査を依頼されたことがきっかけでした。ラッキー博士は10年以上の歳月をかけてこの研究に取り組み、その結果、ごく微量の放射線であれば危険などころかむしろ体にとって有益だと結論づけました。「低線量放射線の人体への有用性」は、さまざまな専門機関の実験を経て、今や国内外で3000を越える研究論文により実証されております。そして、こうした研究結果は医療の世界でも大変な注目を浴びており、こうした特性を活かした治療が盛んに行われているのも事実なのです。

では、この「低線量の放射線」は私たちの体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

低線量放射線の主な効果

  • ・活性酸素を除去する酵素の活性
  • ・ガン抑制遺伝子の活性
  • ・免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞やキラーT細胞の活性

低線量放射線による効果で活性酸素を抑え、免疫細胞を活性化

活性酸素の原因

最近の医学研究によれば、病気の主な原因はこの活性酸素による「過酸化」だと言われています。人間は、食べることで取り込んだ栄養分を呼吸で得た酸素の助けを借りてエネルギーにするのですが、その際に体内に「活性酸素」という物質が生まれます。活性酸素は強い毒性を持っており、本来は細菌やウィルスなどから私たちの体を守ってくれるのですが、多くなり過ぎると自分の体の細胞や組織を壊してしまいます。「酸化」を説明するのに一番わかりやすい例が「錆(サビ)」です。硬い鉄でもサビると内部までボロボロになるように、私たちの体の中でも細胞がサビていってしまうのです。

私たちの体には活性酸素を打ち消す「抗酸化」の仕組みを備えています。ところが、その仕組みがうまく機能せず活制酸素が多くなりすぎると、ガンや慢性病をはじめ老化の原因にもなるなど、様々な悪影響を及ぼします。がんの発生メカニズムで一番の原因はDNAの損傷によるがん細胞の発生と増殖と言われています。そしてDNAを最も損傷させているのが活性酸素です。最近の研究で、低線量放射線にはこの活性酸素を抑制する効果があることが分かってきました。低線量放射線は、細胞の大部分を占める水分を電離させて一時的に大量の活性酸素を発生させ、体内に備わっている抗酸化作用を持つ酵素を活性化させることで活性酸素を打ち消す働きを強化します。

また、ガン抑制遺伝子の活性や、免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞やキラーT細胞の活性により、がん細胞を攻撃して、自滅させる働きも強化すると考えられます。 このように、低線量放射線による効果により、体へ悪影響を与える活性酸素を抑え、免疫細胞を活性化し、それにより免疫力が向上することで自然治癒力を高めることが出来ます。

秋田にある「玉川温泉」をご存知ですか?

玉川温泉は岩盤浴発祥の地とされている温泉地で、様々な体の症状が和らぐということで有名になり、今でもガンや難病を抱えた患者さんが日本全国から湯治に訪れています。実は、この玉川温泉も低線量放射線が人体に影響しているものと考えられています。鳥取の三朝温泉も似たような特徴があり、地域住民のガンの発症率が、全国平均の1/2と周辺地域と比べて極めて低いことが岡山大学医学部の研究で発表されていますが、これも低線量放射線の効果を検証する上で貴重なデータとなっております。

ロハストーンマットに織り込まれている天然鉱石は、この玉川温泉の特徴に極めて近い構成になっており、更にそれぞれ異なった形、異なった大きさに砕粒して鉱石の効果を最大限引き出せるように設計されています。

ロハストーンマットの石の構成と主な特徴
トルマリン 通称―電気石 大量のマイナスイオンを放出
ラジウム鉱石 低線量放射線
ドラバイト 低線量放射線
ゲルマニウム 水分に反応して温度を上げる
ブラックシリカ 赤外線の放射、脱臭効果

ページのトップへ